■藍染め


長尾織布合名会社

〒779-3121
徳島県徳島市国府町和田189

tel.088-642-1228

fax.088-642-1229
mail.お問合せフォーム


◆藍染工場見学(無料)要予約
◆開館時間 9:00〜16:00
◆休館日  土日休館(※)

※店舗は土曜日も営業



阿波しじら織・藍染 藍染め

藍染めとは
阿波しじら織  阿波藍は西暦900年頃中国から日本に伝わった栽培法を、蜂須賀公が吉野川流域の気候風土が藍の栽培に適していると認め、この地に伝えたといわれています。
 藍染は“すくも”(収穫・乾燥した葉藍を発酵させたもの)にアルカリやぶどう糖などの栄養源を入れ、約1週間じっとねかせて作った天然染液に幾度も浸すことにより、より深みのある鮮やかな濃い色に染め上がります。正藍のラベルを入れることが出来るのは、阿波で栽培された藍による藍染製品のみに許されており、藍染の伝統的技術は徳島県の無形文化財にも指定されています。

阿波しじら織 藍染めとは
 日本人にとって、藍の鮮やかで深みのある色合いは、心を癒してくれる最も普遍的な色として歴史的にも愛されてきた色です。
天然藍は木綿によく染まり、日光、水洗いに強いため、洗うほどに深みと落ち着きのある風合いが増してきます。風化とともに高まる香りには虫除けの効果もあり、また藍には皮膚を保護してくれる薬効もあるといわれており、衣料に大変適しています。


   藍染め・阿波しじら 長尾織布 藍染め作業工程1   →   藍染め・阿波しじら 長尾織布 藍染め作業工程2   →   藍染め・阿波しじら 長尾織布 藍染め作業工程3
   ※写真をクリックすると拡大します。

    ◆見学・体験のお申込はこちら